認知症認定看護師になろう!

認知症認定看護師になろう!

スポンサードリンク


 

日本看護協会の認定看護師認定審査に合格して
認知症認定看護師をめざしませんか!

 

2005年に定められた比較的新しい認知症認定看護師は、まだ普及が十分とは言えず認知症認定看護師の絶対数も少ないのが現状です。

 

認知症認定看護師は、現代の日本が抱える高齢化社会において近い将来、高齢者が絶対的に増加する事が強く予想されるので必ず需要が増える職業と言えるでしょう。

 

認知症に関して言えば、年齢を重ねるにつれ、その認知症の傾向・症状が進行する病気であるため、患者数の減少は望めず、逆に増える事が容易に予想されます。

 

その時には、核家族化が進んだ現代の問題として、高齢者の独り暮らしが増え、その介護にも多くの人材が必要となるでしょう。その際には、社会として日本看護協会認定の認知症認定看護師の需要が増え、認知症認定看護師自体への認知度も向上するでしょう。

 

認知症認定看護師の職務は、その名前の通り、認知症患者のケアがメインの役割となります。
認知症認定看護師になる為の特定看護分野の実務研修内容基準は以下の通りです。

 

1.認知症看護の必要性がある患者の多い医療福祉施設など
  での看護実績があること(在宅ケアを含む通算3年以上)
2.認知症看護の必要な患者を担当した実績があること(5例以上)
3.現在、認知症看護の必要性がある患者の多い医療や福祉施設
  などで働いているのが望ましい。

 

認知症には以下の5段階があります。
判断力・記憶力、自身の身の回りの世話などは、その段階によって症状も異なります。

 

 1.疑いなし
 2.疑わしい
 3.軽度の認知症
 4.中等度の認知症
 5.重度の認知症

 

この5段階の違いに付いて、例を出して説明すると、記憶力に関しては、「疑わしい」段階では軽度になりますが、「重度の認知症」段階になると断片的な記憶しかなく、全面的に思い出す事が出来ません。こういった認知症患者のケアには、日本看護協会で認定を受けた認知症認定看護師が現在もそして今後も、早急に求められています。

認知症認定看護師になろう!についての情報でした。

  スポンサードリンク