緩和ケア認定看護師になろう!

緩和ケア認定看護師になろう!

スポンサードリンク


 

日本看護協会の認定看護師認定審査に合格して
緩和ケア認定看護師をめざしませんか!

 

緩和ケア認定看護師は、日本看護協会により、1998年に制定された認定看護師制度の一つです。

 

緩和ケアが必要な多くの患者は、進行性の疾患を持っている場合、その患者とその家族に質の高い看護実践を指導する事が可能です。従って、医療現場での緩和ケア認定看護師への期待される役割の1つは、医療スタッフと緩和ケアの実践について相談に乗ることです。

 

緩和ケア認定看護師に期待される別の役割として、早期根治や治癒が困難な疾患などに対して、その進行や治療に際し患者が感じる負担を可能な限り取り除き、出来れば肉体的・心理的にも苦痛も緩和することです。

 

緩和ケア認定看護師の職務は、その名前の通り、緩和ケア患者へのケアがメインの役割となります。
緩和ケア認定看護師になる為の特定看護分野の実務研修内容基準
は以下の通りです。

 

1.緩和ケアが必要な患者が多い病棟、もしくは訪問ケアでの
  看護実績があること(通算3年以上)
2.緩和ケアが必要な患者を担当した実績があること(5例以上)
3.現在、緩和ケアが必要な患者の多い病院、または訪問ケアを
  行っているのが望ましい。

 

疾病は、患者の体だけでなく、患者の心にも大きな負担となり、又、治療に対して苦痛が伴うケースでは、その苦痛や心の傷が、病気の治療の妨げとなるケースも考えられます。そうした時、緩和ケア認定看護師は、患者とその家族が、病気治療に専念しやすい環境を、患者、その家族、また医療チームと共に考え作り上げることも期待されます。

 

例を出して説明すれば、癌と診断された患者には緩和ケア認定看護師は、患者が受ける治療の期間全般に渡り、癌と共に生活している患者の心身の苦痛を和らげ、患者とその家族を支えられるよう努力します。それは、癌との闘病で疲れている患者とその家族に対し、緩和ケア認定看護師は、高度で且つ専門的な知識と技術でより優れたケアを施し実践する緩和ケアの専門家です。

 

緩和ケア認定看護師になろう!についての情報でした。

  スポンサードリンク