看護師国家試験の合格率は?

看護師国家試験の合格率は?

スポンサードリンク


 

看護師の国家試験の合格率は毎年90%前後です。

 

看護師の国家試験を受ける受験者数も毎年大きな変動はなく、おおよそ5万人強であった事が下記の数字より分かります。

 

実施回・年度/受験者数/合格者数/合格率(%)

 

第102回(平成25年2月実施)/56,530/50,224/88.8
第101回(平成24年2月実施)/53,702/48,400/90.1
第100回(平成23年2月実施)/5,4138/4,9688/91,8
第 99回(平成22年2月実施)/52,883/47,340/89,5
第 98回(平成21年2月実施)/50,906/45,784/89.9

 

過去5年の看護師国家試験の合格率を見ると
102回が88.8%、101回が90.1%、100階が91.8%
99回が89.5%、98回が89.9%でした。
(厚生労働省が発表している看護師国家試験の合格率より)

 

尚、この看護師国家試験の合格率は、新卒合格者のみを
対象にして算出すると、先に述べた90%前後の合格率から
多少上昇し、おおよそ93−94%と推測されます。

 

この数字が持つ意味は、看護学校に通い卒業、そして
新卒として看護師の国家試験を受けた受験者だけを
対象にしているので、その他の状況で受験された方は
合格率が、新卒者と比較して非常に低いとも言えます。

 

ちなみに、102回での新卒の合格率は94%程度でした。
ここに看護学校に通い、卒業する事が、看護師の国家試験の
合格には有利な条件がそろっているという現実が見えます。

看護師国家試験の合格率は?についての情報でした。

  スポンサードリンク