看護師の初任給は?

看護師の初任給は?

スポンサードリンク


 

看護師の初任給の平均は20万円前後だそうです。

 

一般企業に就職した女性会社員の平均初任給は18万円程度なので、看護師のほうがやや収入が高いといえます。

 

ただし、看護師になるまでの学歴や勤務地により、その額は変動します。准看護師でも初任給は17万円ほどなので、やはり国家資格である看護師は平均的に高収入な職業といえるでしょう。

 

看護師の初任給は、最終学歴によって変わってきます。

 

これは一般企業でも高卒と大卒で違うように看護師でも高卒か大卒によって変わるという事です。それではその例を挙げてみましょう。どれも最終的には看護師の国家資格を取得した場合です。

 

高校の看護科を卒業・・・初任給18万円程度
一般の高校を卒業後、看護短大を卒業・・・初任給19万円程度
一般の高校を卒業後、看護大学を卒業・・・初任給は20万円程度

 

以上のように最終学歴により、同じ国家資格でも最初にもらうお給料に違いが出てきます。初任給だけをみれば大卒が一番高いお給料がもらえますが、学費を考えれば高校の看護科に進むのが看護師になる最短コースです。学費や年齢を考慮すれば、納得のいくお給料になるかと思います。

 

そのほか、就職先によっても初任給は変わります。
小さな診療所よりも、大学病院や総合病院などの大きな病院のほうが比較的高いお給料になる傾向があります。

 

さらに、地域性でも初任給は変わってきます。
日本国内でみると、地方よりも東京都を中心とした関東全域のほうがお給料は高くなっているようです。もちろん、そのぶん物価が高いという面がありますので、どちらを選ぶかは当人の判断によるものです。

 

以上のように、看護師が他の職業と比べて比較的高収入なのは、いつでも危険と隣り合わせというリスクがあるうえ、命を預かるという非常に責任感が必要となり精神的にハードな面があるからでしょう。看護師以外の雑用もこなさなければならないという体力的にハードな面もあります。それでもいつの時代も看護師は憧れの職業の上位に位置します。それだけ魅力的な職業であることも間違いありません。

看護師の初任給は?についての情報でした。

  スポンサードリンク